劇団員のお仕事をたくさんチェックしたいアナタにお届けします

触れてみたい劇団員のお仕事

触れてみたい劇団員のお仕事

個人的には、働くうえで業務内容こそが最も気になる部分です。劇団員なんかも特にそうです。それと、勤務地となる街のことを気にする方も多いかもしれません。交通の便はどうなのか、ランチ事情はどうなのか、気になってしまうポイントは多いですから。あと、福利厚生なんかもやはり気になるポイントのひとつに数えられますよね。どんな雇用形態にせよ、福利厚生が充実しているに越したことはありません。以上の点を調べるのに、当サイトのお仕事に関するアンケート集は非常に便利です。

素朴な疑問

生活のためか自分の夢か、このどちらか一つしか選べないとしたらどちらを選ぶべきなのでしょうか?<劇団員のお仕事に関連する質問>
香川県 寛大なEMIKA(32歳)
歳じゃないのなら夢を追ってみてもいいんじゃないでしょうか。
大分県 YUKINO (49歳)
やはり今後を考えると生活のためでしょうね。
香川県 サンディー (49歳)
悔いを残さないためにも、アナタの夢を決断した方がよいと思うよ。
広島県 アンジェリア (29歳)
守るべき家族が居たら、暮しを優先すると思う。
久留米市 YOSHITAKE (46歳)
後悔しないように目標を諦めない選択肢もアリかも。
北区 赤褐色のジェイン (45歳)
極端すぎる質問ですね、とりあえず「生活」にしておきます。
池田市 春の政伸 (27歳)
いつか家族を養いたいと考えているので生活を選ぶと思いますね。
町田市 東大寺 (44歳)
夢を追いかけていた日々が懐かしい(遠い目)。
ベルギー 巻き髪キャロライナ (38歳)
くらしが成り立たないと希望を叶えることもできないでしょう。
東久留米市 ムーンサルトフェリー (46歳)
その時の状況にもよるけれど、自分は夢を選択します。
宮崎県 定額制の豚まん (34歳)

劇団員をする場合、メジャーな企業に応募すれば間違いなく成功する保証があるわけでもないですし、大企業ならいいという話でもありません。自分が何をしたいかだけに限らず、応募する企業の営業収益など、経営はどうやってなっているのかを具体的な検討をしてから決めるのがいいですね。応募する際のたとえば履歴書といった自己PRにしても、面接の際の自己PRにしても、大切なのは、自分がどんなにその企業にとって最適な人間かを明示することです。その為には応募する企業の要望している人材はどのような人なのかを調べておくことが必要です。

このページのトップ